育毛シャンプー選びで失敗しないためには?

育毛シャンプーの分類別の選び方

ヘアサイクル

店頭やオンラインショップを見ても多彩なラインナップが並ぶ育毛シャンプーですが、効果を謳うコピーだけでは本当に自分にあったものか判断に迷うのではないでしょうか?

 

さまざまな種類を試したという方も見受けられますが、できれば最短距離で効果が実感できるものを見つけたいですね。

 

その為にはご自身の頭皮や髪の毛の状況に応じた選び方が求められます。では、育毛シャンプーを選ぶ際にどのようポイントに注意すれば良いのでしょうか?

 

自分の性別に合った育毛シャンプーを選ぶこと

育毛シャンプーは男性・女性とそれぞれに向けたものが登場しています。男女兼用のものもあり、これはどちらの性別にも対応しやすいものですが、それぞれの性別に応じて頭髪の環境も異なることを理解しましょう。

 

男性用の育毛シャンプーは洗浄力が強い傾向にあり、皮脂を洗い流す力に優れています。多くの男性は加齢とともに皮脂の分泌量が増えることで毛穴の詰まりが起こりやすく、シャンプーにもある程度の洗浄力が求められるからです。

 

女性の場合は保湿成分を優先する傾向にあります。これは、加齢とともに肌や髪の保湿力が失われるためです。乾燥肌が原因でフケが多くなり、毛根へのダメージや毛髪の成長を阻害します。

 

男女の違いによって合う育毛シャンプーの種類は異なります。ご家族と同じものを使っているのに効果を実感できないという場合、ご自身の性別とシャンプーの適正を考えましょう。

頭皮のことを考えた育毛シャンプーを選ぶこと

育毛シャンプーの洗浄力は強過ぎても弱過ぎても効果がありません。基本的に男性の方が洗浄力の強いシャンプーを必要としますが、性別だけでなく個人差も考えた選び方が大切です。

 

育毛シャンプーはアミノ酸系と石鹸系がありますが、前者の方が洗浄力は弱い傾向にあります。頭皮環境がよくない場合、過度な洗浄力の育毛シャンプーは逆効果になってしまうリスクもありますから、アミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。

 

一方、皮脂が多い方は石鹸系シャンプーでしっかりと洗い流した方が効果的です。

 

ただし、最近でクレイ(泥)によって洗浄力を高めながらも頭皮や髪の毛への刺激を抑えたものもあります。大まかな種類だけでなく、シャンプーごとの特色を理解すると良いでしょう。

できるだけ天然成分の育毛シャンプーを選ぶこと

シャンプーは長期間放置すると腐ってしまいます。そこで、防腐剤を添加しているものも少なくありません。しかし、防腐剤は身体に良いものではありませんから、できる限り防腐剤が含まれていない育毛シャンプーを選びましょう。

 

現在、法律によってシャンプーは含有成分を表示することが求められています。防腐剤として有名なパラベン等、防腐剤が含まれている場合は表記されているので確認してください。いわゆるパラベンフリーと呼ばれるものを使用することが肝心です。

 

ただし、パラベンフリーでも天然成分だけで作られたシャンプーとは限りません。こちらも表示内容を吟味し、人体に対して負担が強いと思われるものは避けるようにしましょう。

 

自分にあったものを選ぶ

薄毛・抜け毛は男女問わず多くの方が悩まされています。見た目の若々しさを失うことにもつながりますし、ご自身のコンプレックスの原因という方もいると思います。

 

育毛シャンプーはもう一度若い頃の髪の毛を取り戻したいと考える方に向けて、各メーカーから様々な種類のものが登場しています。

 

しかし、初めて利用しようという方はもちろん、何種類も試したとしても様々な疑問があるのではないでしょうか?

 

アミノ酸系シャンプーと石鹸系シャンプーの違い、含有成分の内容や無添加という表現の意味についてや、医薬品と医薬部外品の関係や男性用と女性用に分かれている理由など、十分に理解せずに購入している方もいます。

 

ご自身の状態によっては評判の良い育毛シャンプーでも、期待したほどの効果が現れないこともあります。

 

当サイトでは育毛シャンプーに関する様々な疑問に対してお答えしながら、基本的な選び方や使い方、成分表記とその見方について取り上げています。